2016年06月22日

【出産の話】覚えているうちに書く。終わらない陣痛のこと。

先日友達と出産の時の事語り合ってたら、わりと忘れかけてるとこもあったりして、
このままでは貴重な財産が!!と焦燥した結果。寝る間も惜しんで書いている。
*****************************************************************
地元の総合病院産婦人科に通っていた。
そこは41週から強制的に入院ということに。
40週5日。最後の健診。相変わらずまだまだだねと診断。なんにも起こらず、笑
2日後強制入院の予約を取って帰宅。
【1/19】その晩、前駆陣痛スタート。結構激しめなのかな。寝れないぐらいには。
やたらトイレ行きたくて立って歩くとおさまる。だからきっと前駆なんだろうとは思うものの
けっこうちゃんと痛い。生理痛の重いやつ。うん。それわかる。てかそれ以上な感じ。
なーんか変だなあ。病院へ電話。
そうね、前駆ぽいよね。まだしばらく待ってみて。なにをしても間隔が10分ぐらいで安定したら病院へ。

【1/20】寝ずに迎えた朝。ふつうの朝。お弁当作って旦那を送り出す。
私は実家へ。入院準備して実家へ。実家はすごく近所にあります。
お昼食べたあとからまた始まった。
寝てないんだから少し寝たいと思っても寝れないぐらいには痛い。
間隔はかると7分から10分。ばらばら。前駆だろうなぁとは思うものの、
母の勘によると陣痛だろうと。
電話。あそうなんだね、じゃあすぐ来れる?
わーいいよいよかなぁ。いや、まだまだな感じするなぁ。
診察。子宮口まだまだだけど、いい感じの張りはきてるね。陣痛で確定。
陣痛室へ。独房みたいなとこ。悲しくなってくる。
夕方旦那来る。両親帰る。
そしたら陣痛おさまった。え、なんで。笑
陣痛室一時終了。ふつうの病室へ。
4人部屋。全員カーテン閉めてる悲しい。
昨夜前駆が始まったころの時刻。陣痛再開。
戻って早々だが、ちょっと息とか乱れるのみんなの迷惑になるので陣痛室へ戻してもらう。
けっこう痛くなってくる。じっとしてられないぐらいには。
夜中12時。誰か呼んでもいいよ。と。助産師さん。
旦那呼び出す。寝ぼけた旦那くる。
本陣痛の開始。子宮口は3センチ。

【1/21】朝。歩いて診察室へ。まだまだだねー。がんばれるよね。
かれこれ二日寝てないのでけっこうふらふらしてる。はい、がんばり、ま、す。
病院中歩いて。と。はい、了解。
ベッド上に寝ていると10分間隔。
ベッド上に座ると7分間隔。
歩くとなんと2〜3分間隔。歩くの、ままならない。
こんなの、歩くの?うそでしょ?
でも歩けと言うし、歩くしか・・・う・・
廊下を行きかう看護師さんたちに、大丈夫なの?!と心配されまくる。
はい、大丈夫なんだと思います。息もタエダエ。。
子宮口5センチ。
なーにも起こらず。。。夜になる。
もっともっと痛くなる。なんだろこれなんだろこれ。もう心折れそうなんだけど、いつまで続くのかなあ
眠りたいなああああ
子宮口8センチ。
進むかな?と、余裕の助産師たち。。

【1/22】寝ずに迎えた朝。3日寝てないことに。。
診察。まだだねえ。がんばれるよね。心折れそうです。いや、あとちょっとだよ。大丈夫。
そうですか・・
歩く。もう2分おき。テニスボール手放せない。いろいろ気を紛らわせるけど
全然もう無理。午前中から体じゅうが痛くてちょっともうほんとに堪えがたくなる。
歩いてられない。陣痛室戻る。
ベッドに寝てると10分間隔で全身ばらばらになるような痛みが襲う。
ベッドに起きてると7分おきに全身ばらばらになるような痛みが襲う。寝てるよりはまし。
いつまでたっても子宮口8センチ。
まだまだだねー。
その言葉、が、拷問だよ。。いつまでこの痛みと戦うの。
痛みが私のコントロールの先に進んでしまう。
呼吸をしないと。とにかく。全身ばらばらになる痛みとどうつきあっていけばいいのかまったくわからない。
何時間たったのかな。もう死ぬかも。まじ無理。
夕方、母と医者が言い争う。
うろ覚えだが流れはこんな感じ。
母 もう無理でしょ、帝王切開とかならないんですか
医者 だっていま金曜日の夜だよ。スタッフは帰りました。土日はやりません。
母 いやだってもう三日ですよ。
医者 まだまだですよこんなの。全然まだ。
母 おかしくないですかね。寝てないし食べてないし、体力が。。
医者 あのね。痛いのなんて当たり前。それ覚悟で作ったんでしょ。僕が生んでくれって頼んだわけじゃない!母 (怒りのあまりにらみつけたらしい)
医者 とにかく進むの待つしかないんですよ、がんばれるよねえ?全然こんな張りじゃまだだよ!
私 耐えられません。。おなかじゃなくて、体中全部、が、なんでこんなに痛いんですか。。無理。。
医者 うん、こんなもんじゃないから!
私 でももう歩けないんです。動けないんです。。
医者 もうここまできたらなんにもすることないよ!大丈夫。待つだけだから!
と、医者去る。暴言はくことで有名な医者、去る。
私、泣く。無理。どうやって耐えたらいいのかわかんない。
とにかく胎児に血を回さなきゃってことしか。
ずっと女の子がほしいと思ってた。
エコーでも女の子っぽかった。生まれるのを楽しみにしていた。
けれど、その時は、どうか男の子であってほしいと思っていた。
こんなつらい思い、させたくない。
いつまで耐えればいいのか、まったく進まないお産を抱えて、全身の痛みに耐えるなんて、私だけで十分!
しばらくしたら暴言医者再び現れる。なぜかすごくやさしい。
医者 あのね、明日の9時まで頑張ろう!終わりがないとがんばれないでしょ。がんばれるよね!
あと、半日以上。。絶望的。でも頑張るしかない。もしかしたら生まれるかも・・・
私 はい、がんばります。(泣
夜。助産師さんに怒られる。痛みが私のコントロールのずっと先のほうに行き過ぎている。
呼吸して!目あけて!
子宮口8センチのまま。
けっこう進んでるじゃない。分娩室行くよ!
やっと。動きが・・!でもあのね、ずーっとずーーーーっと8センチのままだよ!!
分娩室。憧れの。しかしもちろんなーんも進まず。
呼吸のみ。繰り返す。ひたすら。
寝てると10分間隔。シートを起こすと7分間隔。

【1/23】朝方。生まれて、ない・・痛みがやわらいでくる。なんだろう?慣れたの?あれ?おかしい。。?
寝ずに。。ああ。5日目か。なにそれ。眠りたい。。わけがわからない。
朝。9時すぎても医者現れず。私、朦朧。ドロドロ。屍のように分娩台に転がっている。
助産師さんもイライラしてる。せんせいはまだなの?どうなってんの!
9時30分頃、暴言医者現れる。
医者 どう?無理だよね。うん。じゃあお腹切ろう。
なんでもいい。どうでもいい。ゴールが見えた。
説明。書類のやま。
私の病名は微弱陣痛ですって。
これで微弱なのか。ほんとの陣痛だと私は意識不明になるかもしれないなあ。とぼんやり思う。
全身ばらばらになる痛みは弱まりつつ続いている。
でも痛みが私のコントロールのそばにいる。
これが微弱ってことなのかな。

1/23 11時。手術に決定。



 
posted by カシラ at 00:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439261659
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック