2017年06月18日

八戸へ!タカダアキコさんのショー見てきました!

いやもうほんとどれくらいぶり?
いろいろ行きたいのあるけど、どれも夜のショーとかで、
そうそう土日も休めないし、うーん、、と我慢してきたけども、
これは!こ、これは!!お昼の開催だし、タカダアキコさんだし!!!!
なにしろ好きなんす。ええもうね、好きなの。
いつぞやのロマフェスで初めて生で見たとき衝撃を受け、
また見たい、見たい見たい・・・と思っていたのです。

で。見に行った。家族総出で。
結果、泣くかと思ったわ。
よかったー見れてよかったー!!!
私はアキコさんの筋肉と技術もさることながらエネルギーが好きです。

そして本日思ったこと。
ダンスうまいていうのは、感情の表現が素直ってことなんだなぁってこと。
心が萎縮してると踊れてないのと一緒で、
表現の方法・手段として技術を磨くのですなぁ。
だから、どんなに難しい技をできたとしても、きれいな型をできたとしても、
そこに感情を表現できてなければ、やはり上手には見えないし感動しないのです。

小学校から歌を学び、大学の卒論では感情の核爆発から起こる身体や言語表現について考察し
演劇界に十数年身を置いていた私にとって、
やはり表現とはそういうものだなって改めて思った。そこは譲れないやな。
広がりが出るんですよ。体からぶわって出てくるエネルギーみたいなもの。
それが見たいんだ。そしてそれを表現したいんだ。できるだけ美しく。
怒りや悲しみや狂気的な楽しさに陶酔したい。

すっごいひさびさにジャミさんの踊りを見て、
もうほんとに素敵と思った。
名前をつけることのできない感情があふれてて、私はそれを受け取ることができた。
気持ちよかった。うん。

私は踊りたいなあとぼんやり思っていたけれど、
やはりこれはたくらみを始動させねば、と決意。
だが、どこから問題を解決してったらいいのか分からないので、慎重にならねばだ。。
近所に相棒がほしいです切実。
posted by カシラ at 22:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリーダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック